釣りガールりんか オフィシャルウェブサイト 釣りガールりんか オフィシャルウェブサイト – 釣りガールりんか オフィシャルウェブサイト

リンリンリンカのリンカ:ショップの美と頭脳

リンリンリンカのリンカ:ショップの美と頭脳

釣りは主に男性の活動として始まったかもしれませんが、それは女性が釣り道具やタックルを扱うことができないという意味ではありません!最近では、スポーツとして、趣味として、さまざまなタイプの人が釣りに夢中になっています。

 

そんな中、釣りにハマる女性が増えていますが、リンリンリンカのリンカさんもその一人。

9月5日生まれのリンカさんは、本州の京都府で育ちました。

 

趣のある漁村で暮らしていたリンカさんは、すぐに釣りに夢中になります。京都の北東に位置する滋賀県にある大きな淡水湖、琵琶湖で釣りを始めたのが始まり。現在はプロの釣り師としてさまざまな釣りの大会に出場しています。

 

琵琶湖でのブラックバス釣りを今でも楽しんでいます。そこでは、67 cmという最大のブラックバスキャッチを釣り上げました。これは彼女が毎日更新し続けている記録です。

 

そのことについて聞かれると、「できれば、トーナメントで優勝して釣果を上げるバスプロになりたい」とコメントしています。

 

最初は独学で始めたものの、後にベテラン釣り師から貴重な釣りの知識やフィードバックを得ることができました。また、池原ダム、七色ダム、津風呂湖など南紀のリザーバーを熟知しているトーナメントのメンターを見つけたそうです。

 

釣り以外の趣味はアニメ鑑賞とカラオケ。個人的にデザインしたかわいい釣り服やタックルカスタムには定評があります。その姿は多くの男性釣り師の目に留まり、その中には彼女が戦い倒してしまう人も。

 

また、男性優位の活動やトーナメントでの活躍は、女性釣り師にとっても大きな刺激となっています。また、ファンからの支持も厚く、それが彼女の人気を広めています。

 

釣り界での知名度も高く、ブログ「リンカのりんりんブログ」は1日9万ビューを記録しています。また、テレビ番組やイベント開催、DVDリリースなどのメディアにも毎年出演しています。

 

最近では、栃木県漁場のPR釣りガールに就任したリンカ。ロッド&リールの「琵琶湖実釣取材」号、ロドリの「冬のおすすめファーストバス釣り」号、「タックル・オブ・ザ・イヤー」号、「バサクラ取材」号などの釣り雑誌にも出演しています。

 

また、Fショー大阪で毎年開催されているベベル展には、リンリンリンカのリンカがレギュラー出演しています。また、グランフロント大阪パナソニックセンターで開催されたアングリングセミナーにも登壇。

 

最近では、自身のデザインした釣り具をオンラインショップで販売しています。ロッドやリール、ライン、フック、シンカーなど、釣りに必要なものは何でもそろっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *